「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

KNS日記

knsinoue.exblog.jp ブログトップ

第59回日本糖尿病学会年次学術集会

5月19日(木)より21日(土)まで京都で開催された糖尿病学会年次学術集会に参加しました。

19日の木曜日と20日金曜日を休診にさせていただいての参加です。

2012年にクリニックを始めてから、1日だけお休みをいただき地方会は参加していたのですか、
総会には患者さんのご迷惑も考え、参加していませんでした。
今回19日のポスターセッションの座長を仰せつかったことが背中を押してくれての
参加です。


e0317808_1414115.jpg
初夏の京都は、真夏日で快晴でした。


久方ぶりの総会への参加でしたが、やはりそのセッションの多さと、
講演のレベルの高さはとても刺激的です。


e0317808_142397.jpg

総会は、いつも木曜日の午後は会長講演や特別講演のため会場が
まとまっているのですが、それ以外の時間帯は国立京都国際会館、
ロームシアター、みやこめっせの20以上の会場でシンポジウムやセッションが
行われており、興味のあるものでも、いつもとても選び尽くせません。




e0317808_14104434.jpg
昼のランチョンセミナーのお弁当は、
下鴨茶寮が京都大学とコラボして
作られたとのことで、色鮮やかかつ
京都らしい出汁のうまみの効いたお弁当でした。




都会と比べ歩行距離の少ない地方出身者としては、
会場の移動で自分のポスターセッションに入る前には
すっかり足が痛くなっていました。e0317808_14135775.jpg

そしてセッション終了後は、座長のご褒美に図書カードを
いただきました。
京都らしい和紙の趣のあるデザインです。e0317808_14141195.jpg


20日、21日と参加したい企画が目白押しでしたが、後ろ髪を引かれながら
20日午後には高知に帰ってきました。
講演に貪欲に参加して学びたいという気持ちと、クリニックが休診になって
患者さんにご迷惑をかけてしまわないかという気持ちのバランスが、
まだまだ定まっておりません。
しかし、久方ぶりの総会参加は、やはり非常に刺激的でした。



勉強しなければいけないという気持ちの理由の一つとしては、
今回嬉しいことに、当院の看護師長が日本糖尿病療養指導士に合格したことがあります。

この資格は、専門の医療機関で、実際に患者さんを数年間指導し、講習会にも参加後、
受験資格を得てから初めて受験できます。
合格するにもかなりの勉強が必要で、本当に頑張ってくださったと思います。

当クリニックを始めたときから、糖尿病医療において、地域に貢献すると共に、
全国に発信できるような活動を行っていくために、糖尿病療養指導に専門性を持つスタッフを育て
ることを目標にしていたので、今回の合格はその第一歩として、とても嬉しいことでした。

そしてだからこそ、自分自身も新しい情報や医療をさらに学ばなければならないと考える毎日です。
[PR]
# by 20121203inoue | 2016-05-22 16:16

慣れは怖い

春眠大幅に寝過ごして、すでに初夏

遅い! というご批判にもすっかり慣れてしまい、さて前回の更新は?・・・なんと2月でした。

とっくに季刊誌状態になってしまった・・・季刊誌ならまだいい方かも?・・・このブログも
名前がこのままKNS「日記」のままでいいのだろうか?と多少悩みつつパソコンに向かっております。

この間・・・といってもつい1ヶ月前ですが、私(事務長)の故郷熊本で、大地震が起きました。

熊本に住んでいた期間よりも高知に住んでいる期間の方が長くなってしまいましたので、
地震が起きるかどうか、という危機感は、おそらく現役の九州人よりも意識は高いと思います。

そんな高知県民26年生の私も、日々地震のことを考えているかといえば、NO!でしょう。

おそらく(あくまでもおそらくですが…)親戚、友人、知人を含めて、
熊本に住んでいる、ごく一般的な方々の意識は、さらにさらに・・・低かった?・・・はず。

改めて、慣れの怖さを思い知らされた、あまりにも大きな出来事でした。

私の周辺には大きな被害はありませんでしたが、いろいろな方からご心配のお言葉をいただきました。
有難うございました。

話はコロッと変わって・・・
我が家では何度かこのブログにも登場した、トイ・プードルの「マルス」がやっと1歳になりました。

性格は相変わらずの、やや(?・・・かなり?)根性悪で、先住犬モナの悩みの種です。

ということで、1歳を記念して、イラストを作ってみました。e0317808_9441795.png



   

       実際はもっと愛嬌のある顔ですが、
       さすがにこのイラストは院長にはかなり不評です・・・
[PR]
# by 20121203inoue | 2016-05-14 09:48

いまだ冬眠中

【愛犬“モナ”の無散歩日記】


もはや誰も期待していない【KNS日記】ですので、正式に名前を変えようかとも思っている事務長です。

前回の記事は?…ナント!10月でした。

そのうち、更新の手順もパスワードも忘れてしまうのではないか…
と危惧していたら、本当に忘れてしまっていました。 情けない・・・


開院4年目のご挨拶も、年末年始の話題もなく、せめて2月だから4日の立春(~2/18)をテーマに…
と思いつつ、苦手な冬の寒さを言い訳に、すっかり冬眠状態でした。(です

我が家の寒がり犬モナは、この冬から、足元用のミニカーペットを “持続的に” 与えられて、
ますます[動かないゾ]モード全開で、相変わらずの冬眠状態です。 

e0317808_10301489.jpg


         黒くてわかりにくいと思いますが、幸せそうな顔のカニンヘン・ダックスです・・・
         顔をお忘れの読者の皆さんは、前回(10月)の記事の最後でご確認ください・・・


それでも飼い主の完全冬眠状態のブログよりましか??

昨年2015年生まれだったことから名づけた、トイ・プードルの“マルス”(この名前の由来は2014年12月のブログをご覧下さい)は、リビングの床の冷たさを気にもせず、家の中を走り回っております。
もちろんこの寒さでも、平気で散歩したがる、普通の犬に育っています。
e0317808_8144491.jpg












私事ですが…(まあ大抵は私事なんですが…)昨年10月に父が90歳の誕生日を迎えた際に、気晴らしにと、10年程前に書いた自作の時代小説を贈ってみたら、(出来栄えはともかく)結構喜んでくれましたので、寝てばっかりの愛犬をながめながら、せめて本の中だけでも躍動(!!)させて…と、父とは7歳違いの母の90歳の誕生日には、今度はこのモナが活躍(?)する小説でも書いてみるか…などと、つまらないことを考えつつ、新年(?)最初の(かなり短い)更新はこの辺で…

        愛犬モナの5才の誕生日の事務長でした…

   新作の時代小説の題名はやっぱり《 猫(のような犬)侍 》でしょうか?
[PR]
# by 20121203inoue | 2016-02-08 10:53

日本糖尿病学会中国四国地方会第53回総会


10月30日、31日に米子コンベンションセンターで開催された日本糖尿病学会中国四国地方会に参加しました。
平日の学会は参加は、なかなか難しく、機会が少ないのですが、30日(金)のみ休診させて頂いての参加でした。e0317808_882928.jpg

高知より随分気温は低いようですが、秋の大山の美しい紅葉はまだのようです。e0317808_885280.jpg

朝から糖尿病の経口薬のセッションや、疫学のセッションに参加しました。
今年は昨年発売されたSGLT2阻害薬に関する演題もあり、経験の積み重ねの必要性を感じます。

昼にはランチョンセミナーに参加。
ランチョンのお弁当が、糖尿病学会にしては珍しく炭水化物が非常に多い牛丼弁当でびっくり。e0317808_89123.jpg
学会に参加すると、ほぼ座りっぱなしで運動量も少ないため、しっかり半分以上残させていただきました。

また、午後の最後は妊娠のセッションで座長を務めさせていただきました。
聴講しているだけでなくやはり参加させていただくことにより、なによりも刺激にもなりますし、
若手の先生方が頑張っていらっしゃることが実感できます。
まだまだこれから勉強して、更に今後やるべきことが鮮明になった思いです。

翌日の診療のため、夜の教育講演には参加できずに会場を後にしましたが、
土曜日も興味深い演題や芝居仕立ての糖尿病劇場、県民公開講座とプログラムは充実していました。

来年は高知大学の藤本教授が会長として第54回を主催し、11月11日、12日と高知で開催されます。
その際には県民公開講座も行われますので、糖尿病に興味のある方は、是非聴講されてはいかがでしょうか。

[PR]
# by 20121203inoue | 2015-10-31 11:13

おいしいネタは勘違いと思い込みでできている?

もはや、何の言い訳もいたしません。更新が亀より遅い事務長です。

とりあえずこんな写真でごまかしつつ・・・
e0317808_10492495.png

右の、珍しく跳(と)んでいる犬(カニンヘン・ダックス)は、4歳8ヶ月の無散歩(愛)犬モナです。
左の、いつものように跳(は)ねている犬(トイ・プードル)は、やっと5ヶ月になったマルスです。
数少ない読者のみなさん、実に微笑ましい、平和な光景だとは思いませんか? 

マルスはちょっと前の
e0317808_10511056.jpg こんな感じから、いっきにモナより(見た目だけは)大きくなりました。
中身はスカスカで、毛で膨らんで見えるだけです。

大豊のドッグランでの一瞬のシャッターチャンスを、院長が見事にとらえた画です。
日頃からブログ用に写真を撮りたいとは思ってはいても、そういつもいつもカメラを持っているわけもなく、都合よくスマホを構えているはずもなく、シャッターチャンスはサラッと目の前を通り過ぎていきます。

 現実なんてそんなもんだ!! …ということで今回はおしまい



…というわけにもいかないので、“チャンス”つながりで映画の話でも…

先日BSで「チャンス(ピーター・セラーズ/シャーリー・マクレーン)」が放映されていたので、ひさしぶりに、チラッと見させてもらいました。
特に映画好きでなくても、同年代以上の方はご存じだと思いますが…自動車事故がきっかけで、“経済界の大物”の家に運び込まれた平凡な[庭師のチャンスさん]が、周囲の勘違い、思い込みによって、本人も全く知らない内に、次期大統領候補にまでなってしまうという、(少しもの悲しい)コメディー作品です。
30年以上も前の映画で、何度見ても面白い作品ですが、この作品を観て、シャーリー・マクレーン(当時45歳?)という女優のファンになりました。

ストーリーの最後は…次期大統領候補の話が出ている一方で、亡くなった“経済界の大物”の主治医だけは、
チャンスさんが、平凡なただの庭師であることに気づいているため、実際に大統領候補にはならなそうな・・・
というあたりで話は終わります。

誰かが意図的にだまそうとしたわけでもなく、日常のある場面を、一方から見ていて起こってしまった、勘違い、思い込みの面白さ(?)を描いた作品ですが、私は主には、“ファンになった当時のシャーリー・マクレーン”を観たいがために、ついつい何度も観てしまいます。

古い映画には、実に名作が多くて面白いですねぇ。
今夜は録画してある「真昼の死闘」でも観ながら寝よ…zzz zzz
(クリント・イーストウッド/30代後半のシャーリー・マクレーン…)

  …ちなみにこの「真昼の死闘」という映画は、メキシコが舞台のマカロニウエスタン風の西部劇ですが、
   最後の銃撃戦はどう見ても真昼じゃなく夜中なんですが…

   特に映画オタクでも何でもない事務長の、何てことない映画話でした…

追記…
やや説明不足でしたが、冒頭の写真は、やたらとちょっかいをかけてくるマルスを避け、ドッグランの隅っこで、あくまでも独りで遊んでいたモナが、それでも遊ぼう遊ぼうモード全開のしつこいマルスにいい加減頭にきて、追い掛け回し始めた( ≒ 反撃に転じた)ところを捉えた画でした。(ガルルゥゥ…)

慌てて逃げ回っているのか、やっと面白くなってきたぞと思っているのか、
マルスの表情をもう一度お楽しみください・・・

  e0317808_1118351.jpg  日頃はこんなのが、急に走り回るわけないですよねぇ。

  いやぁ、場面を切り取って一方から見ただけでは、
  真実はなかなか見えないものだなぁ…







「医療機関にも 勘違い、思い込みは厳禁だ!」と改めて感じた、今回も・・・猫風犬の飼い主 “事務長” でした
[PR]
# by 20121203inoue | 2015-10-28 12:25