KNS日記

knsinoue.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

シア・クーパー/アーサー・アインスバーグ 著

 
e0317808_9241342.jpg

 MIRACLE : ミラクル           



  今回は院長です。

  ちょっと思うところがあって、
  この本を読み返してみました・・・ 





糖尿病をご存じの方でも、その中で、1型糖尿病という病気がどんなものか、1型糖尿病の治療において、
インスリンの発見がどんなにすばらしい奇跡であったのかは、イメージし難いかもしれません。


・・・最近の理研騒動を見ても、新しい治療の発見に伴う、様々な思惑(あるいは利権)は問題になっています。


 インスリン ―その時代においては奇跡に等しい薬剤― が発見された時の、その研究者たちの葛藤。

 当時の医学知識の中で、必死で患者さんの命を保とうとしてきた臨床家たち。

 突然病気になってしまった方たちと、そのご家族。 

この本は、そういった苦しみや葛藤を、それぞれの立場からオムニバス的に書いています。


・・・研究者や医療従事者に対するイメージを、「聖職」ととらえると、違和感(あるいは多少の不愉快)を
   覚える部分もあるかもしれません。  しかしこの本は(共感が得られるかどうかは分かりませんが)、
   研究に携わる者、今得られる情報の中で、患者さんの命を保つためにもがく医師の実際の姿。
   そしてそういった医療従事者の、一人の人間個人としての人生の行き先が、鮮明に描かれています。


1921年にインスリンが発見されるまで、1型糖尿病は、すぐにも愛する者を奪いかねないほどの病でした。
当時は、数日でも長く命を保つために、極端なカロリー制限によって、栄養失調になるほどの
食事療法が行なわれていました。
しかしそれも、成功する方はごくわずかで、そうそう持続できる治療法ではありません。


 インスリンが発見されたミラクル。

 11歳で発症したエリザベス・ヒューズが、飢餓療法と言われるその時代の治療を3年間継続できたミラクル。

 発症からインスリン発見まで、エリザベスが生きていたミラクル。

 その家族がインスリンを知り、まだ安全かどうかわからないまでも、娘に何とか使いたいと思い、
 あらゆる努力を惜しみなく行なったミラクル。

 当時はまだ使用例も少なく、安全は保持されていなかったにもかかわらず、彼女がインスリンの使用を開始し、
 その後結婚され、3人のお子さん、お孫さんをもうけ、様々な事情によって糖尿病であることを隠しながらも、
 1981年まで寿命を全うされたミラクル。

全てのミラクルの影には、その時その時の自分にできることを精一杯やっていこうとする方々の
不断の努力がありました。


  “いつかはきっと”、 “いずれ” ではない “今”こそ、先の事を考え、できる何があるのか…


今の治療に何の意味があるのか…と考える方も、これから先どうなるのだろうか…と悩まれる方も、
おそらくたくさんいらっしゃると思います。
ご病気をされている方やご家族だけではありませんし、私自身も同じです。

悩みながらも、今できる事にベストを尽くす人に、ミラクルは訪れるかもしれませんし、
あるいは、誰かのためにミラクルを起こす力になるのかもしれません。

頑張ろうという言葉は、言われる状況によって、感じ方も受け止め方も違います。
この本はただ淡々と事実を書いていますが、“人生って頑張っていたら、すごいミラクルがあるかもしれないよ
と教えてくれている気がします。
[PR]
by 20121203inoue | 2014-05-24 20:41

長谷川平蔵(鬼平)風に言えば・・・

何と、4月の更新がZEROでした。

「いくら何でも遅い、少ない!」 「一体、これでブログといえるのか!」 
という、多くの方々(主には院長)からのご批判をいただく前に、何とか週が終わらない内には・・・
と、がんばって書くことにしました。

  ・・・ということで、昨日も今日も事務長です。


更新休暇中のこの1ヶ月半余、世間では数々の事件やら事故やらが起きてしまいました。

その一方、のんびり、ゆったりが身上の KNS日記 向きのネタは、そうそう転がっている様子もなく、
都合よくご近所で祭りが開催されるわけもなく、「愛犬の尻尾が、何と縦に振れています」などと
いうことももちろんなく、仕方なしに、院内の検査用のトイレの壁に貼ってある、
【今日は何の日?カレンダー】に頼ることにしました。

今更ながら、さかのぼって4月の欄を見ると、(薬のメーカーさんが持ってきてくれるカレンダーですので
もちろん医学や健康などに関わる記念日も多いのですが、)『喫茶店の日…13日』やら、
『発明の日…18日』やら、(何だ、4月のネタにも困らなかったじゃないか)と思える日が多数あり、
(肝心の5月16日は?)と見ると、芭蕉が奥の細道に旅立った日にちなんで、『旅の日』らしいです。

季節もいいし、(きっと旅行業界ではこんな日に引っ掛けて、旅行プランを企画するんだろうなぁ)
と、いつものように勝手に決めつけつつ、先日フェリーで九州方面へ行ったことでも書こうかとも思いつつ、
10数年前にラジオで聞いた、その芭蕉の「残暑しばし 手毎にれうれ 瓜茄子」という句を思い出しました。

  『旅の日』なのに、旅の話じゃないのか…??

 
  *一応改めてネットで調べてみると、陽暦5月16日に旅立った芭蕉が、途中7月に詠んだ句のようで、
   「秋涼し 手毎にむけや 瓜茄子」に推敲(スイコウ:言葉を練り直す)されている(?)ようですが・・・


この句がラジオで引き合いに出されたのは、芭蕉やら風流やらには何の関係も無く、れうれ(料れ)という部分。

「名詞も動詞もごちゃごちゃで、若者の言葉が乱れている けしからん」といったような意見に対して、
「300年も前に、[料理する]を[料る]と表現した句がすでにあったくらいで、言葉というものは
 柔軟に変化していくものだ」 というような話だったような、そうでなかったような・・・

  ・・・相変わらずの、あいまいな記憶で、責任は一切持ちません


というわけで(?)・・・

芭蕉の話から、言葉の変化の話を、フと思い出したのですが、
世の中が変化していっても、医療と患者さんへの姿勢だけは変わらないよう、
スタッフ共々、気を引き締めて日々の仕事に取り組まなければ・・・
と、開業1年半を振り返りながら思った、この5月の一日でした。

e0317808_10354664.jpg



 写真は、柳井(山口)から、三津浜(愛媛)に帰る
 フェリーから撮った、船の軌跡です。




 
  変わらない…といえば、事務長のブログ更新のスピードも、そうそう変わらないと思います。

  長谷川平蔵(鬼平)風に言えば、

   『饅頭の餡が辛くなるはずはねえやな…』といったところでしょうか。

                          事務長でした


    
   (再び)・・・『旅の日』なのに、結局 旅の話じゃないのか けしからん
[PR]
by 20121203inoue | 2014-05-16 09:32