KNS日記

knsinoue.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

幼なじみは…

ほぼ2か月ぶり?

「遅いっ!」というご批判の中、9月の更新に滑り込もうとしている事務長です。

前回は8月の初めの豪雨の話題でした。

高知で豪雨が収まった後、各地で雨による被害が勃発し、しまいにはこの土曜日の御嶽山の噴火と、
自然の脅威をまざまざと見せつけられた、この更新休暇中の2か月でした。


そうこうしている内に、9月も最終日となり、院長の掲載記事に甘えて9月の更新が無しということになると、
根気よくチェックしていただいている、一部のメーカーの担当者の方にも顔向けができなくなるのは必定で、
院長からのプレッシャーも相当で、全国のこのブログファンの呆れ顔も夢に出てきそうで、はたまた・・・
と、言い訳している内に10月になりそうなので、重い腰を上げて、重いキーボードを叩き始めております。
  

                   ・・・どっこいしょっ、と・・・


(で、今回は…というと…)
昨日帰宅中にラジオの番組で、日本語の意味の取り違えの話題が流れていました。

毎年(?)行なわれる度に耳にする調査ですが、3つに1つは(ウロ覚えだなあ…)と思うのが
恒例になってしまっているのがこの手の話題です。

で、フと、明日「十月一日」のことが気になり始めたわけですが・・・

苗字で、「四月一日」と書いて「わたぬき=綿抜き=暖かくなるから…」と読んで、
「十月一日」は当然「わたいれ」と読むんだと教わった(?)ことを思い出しました・・・が!
(ほんと?)と思い、ネットで調べてみると、実在かどうかも含め真偽不明でした。

他にも「六月一日=うりわり=瓜割り」やら、「八月一日=ほづみ=穂摘み」やらといろいろとあるようですが、どうやら「六月一日」さんも実在はしなさそうです。

「四月一日(わたぬき)」さんは真偽を疑う必要が全く無くて、小学校の同級生に実際にいました。

「十月一日」のこともその頃にきいたのですが、もし架空の苗字(あるいは読み方)だとしたら、
一体全体、純真な小学生に『へぇ~』と思わせたその話は、どこから出てきたものだったんでしょうか?

誰かが思いついた、適当な話だったのか?

「八月一日」さんは本当に、ほんとうに、ホントウニ実在するのか?

今となっては、確かに実在し、毎日(だったかどうかはわかりませんが)言葉を交わしていた
「四月一日」さんだけが心の支えです。

いやあ、持つべきものは友だなぁ・・・
e0317808_10594767.jpg



全国区メーカーの担当者さん! 誰か真実を教えてください。 
『へぇ~』ボタンを用意してお待ちしております。

 大企業の組織力はこんな時に使うもんだ・・・ウン(納得)。


       実在するのかどうか正体不明の事務長でした…
[PR]
by 20121203inoue | 2014-09-30 11:02

ミニメド620Gシステム

8月31日に東京で行われたSAP(Sensor Augmented Pump) トレーニングに参加しました。

当院でも、6日間の持続した血糖のモニタリング(CGM)が可能なipro2や、持続インスリン注入ポンプを1型糖尿病患者さんに使用していますが、今年新しいインスリンポンプが発売予定で、この機器使用のためのトレーニングです。今までのポンプと違い、血糖を測定してくれるトランスミッターからの情報を受け取り、表示でき、ポンプ機能と同時にCGM機能を搭載しています。
e0317808_8354180.jpg

実際の機器も使わせていただけました。
今までのインスリンポンプは英語表記でしたが、今回日本語表記になりました。
インスリンのボーラス(食前などのインスリン注入)量が0.025単位刻みで設定できることや、プリセットボーラスや基礎インスリン注入パターンを8種類に設定できるなど、細かい設定が可能になったようです。
e0317808_835498.jpg
画面上には血糖変動や血糖値が表示され、現在血糖が上昇中か下降中かの表示もあるので、その後の血糖変動予測が可能になり、低血糖、高血糖時のアラームの設定もできるようです。

日本語になると確かに使いやすそうですが、今までの機種と比べ若干重いこと、設定条件も、そこまで細かい設定機能を使いこなせるのか。また、CGMを使用するとすれば、2カ所に刺入部ができることや、毎月の医療費がかなりかさむことなど、考えなくてはいけない問題もあるようです。

いつも新しい治療の開始時は勉強し、悩むことも多くなります。


いつもながら、勉強できる学会や講演会は都会で行われることがほとんどです。
すぐに参加できる都会の先生がうらやましい限りです。
そして五輪の影響か東京は訪れる度に変わっていきます。
都会とそれ以外では同じ日本でもまるで違う社会、そして価値観のような気がします。

人口の半数以上が住まれている都会と地方の隔たりはこれからどうなっていくのでしょうか。
e0317808_829054.jpg

[PR]
by 20121203inoue | 2014-09-01 08:52
line

南国いのうえクリニックのブログです


by 20121203inoue
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite