KNS日記

knsinoue.exblog.jp ブログトップ

iPro2がやってきた

今回も事務長です。


先週の金曜日に、手配をしていた " メドトロニック iPro2 " が届きました。
院内では「アイプロ」と呼んでいます。

もちろん、新しいゲームでもなければ、新型のパソコンでもなく、
「グルコース濃度を記録するための医療機器」です。e0317808_13412459.jpg

検査のための短い糸状のセンサーを脇腹等の皮下に挿入しますが、
挿入の際は、サータという器具を使って針で打ち込みます。

まさに今月、これまでのものと比較して、より一層細い針が発売
されたため、これに合わせて購入しました。


県内で導入している医療機関がまだまだ少ない機器ですから、
糖尿病の専門医院の当院の看護師さんも、今回初めて手にする機器です。

で、さっそくやってみようということで、看護師さんたちの温かい目線が私に集中する中、
よろこんで(?)脇腹を提供した次第です。


 (こんな仕事に就いていながら、)子供のころの嫌な経験のおかげで、
  注射嫌いの、"普通(?)の大人"に成長した私ですが、
  最近の注射針は、ほんの数年前と比べても、比較にならないくらい痛みが少ないことは、
  開院してからの何度かの注射で、すでに体験済みでした。


結果は、拍子抜けするくらいの、"チカッ" という程度の痛みでした。
当の看護師さんも、あまりにも簡便な操作性に驚いていました。

撃ち込んだセンサーに、大きさが4cm弱の、貝殻の片面のような小さな機器(=データ読み取り機)
を取り付けて、全体をオーバーテープでカバーして終了。

お風呂にも入れますが、装着感がほとんどないため、
タオルで、つい "ゴリッ" とこすらないか心配になったくらいです。

この状態で、ごく普通に生活しながら、3日~6日間、24時間、
前述したとおり、「間質液中のグルコース濃度の変動」データを取り続けてくれます。

要は、1日の血糖値の変化を調べてくれる器具というわけです。

インスリンを使っていたり、持続インスリン注入ポンプを使っておられる方には、
とても役に立つもので、院長は、昨年の12月の開院の時点から待望していました。

今後ますます、最適な糖尿病治療に役立ってくれるものと思います。
[PR]
# by 20121203inoue | 2013-05-28 13:55

注射器の針の太さ

事務長です。 ブログ開設以来の掲載です。

今日は注射器の針についての話題です。
注射針には、20Gとか、27Gというふうに「ゲージ」と呼ばれる記号がついていて、
針の根元部の色分けでも判別できます。

この「ゲージ」、不思議なことに、細い針ほど大きい数字になっています。
つまり、20Gよりも30Gの方が細いわけです。

「ゲージ」は、もともとはワイヤーの太さの規格で、ある単位面積当たりに何本入るかという規格です。
細ければ細いほどたくさん入るため、「数字が大きい=細い」というわけです。

20 とか、30 の数字のもともとの意味は、20分の1インチ、30分の1インチということらしいのですが、
注射針についている数字とは一致していません。

看護師さんは用途に応じて注射針を使い分けていて、数字は単なる番号として認識してるようです。
もちろん大きい数字の針を、太い針だと勘違いすることもありません。

今度採血される際、気持ちに余裕があれば、「これは何ゲージですか?」と聞いてみてはいかがでしょうか?

注射が苦手な方は、それどころではないでしょうが・・・

 *ちなみに、犬を飼う小屋は「ケージ」です。  お間違えのないように・・・
[PR]
# by 20121203inoue | 2013-05-07 15:00

第7回AWA DM.comに参加しました。

今回は院長のブログ記載です。

4月20日(土曜日)徳島市のふれあい健康館で開催された第7回AWA DM.comに参加しました。

徳島の1型糖尿病の患者さんとご家族の方を中心にした、勉強とネットワーク作りのこの会は、徳島大学の松久 宗英先生、黒田 暁生先生のご尽力によって2011年の4月から始まりました。会は毎回盛況で、今回は、90名以上が参加されたとのことです。

クリニックが終わってからの参加であったため、『夢を追い続けて~インスリンと共に35年』と題した南昌江内科クリニックの南 昌江先生のご講演を、本当に残念ながら拝聴することができませんでした。

講演の後には患者さんの体験談やグループごとのおしゃべりタイムもあり、患者さんも、ご家族も、医療関係者も、普段の診療ではなかなかできない相談をしたり、話し合ったりすることができ、それぞれに様々な気づきがあります。

今回は会誌も作成され配布されています。
e0317808_103408.png
同誌には、今までの会の内容や、黒田先生のラーメンを食べるときの秘訣も記載されています。

仲間ができることはもちろん有意義ですし、治療の面でも他の方の体験はとても参考になります。
1型糖尿病の方は、1日何回かインスリンを打つ方とインスリンポンプ(CSII)も使用する方がいらっしゃいます。
当院でもCSIIを使用する方と、使用していない方がいらっしゃいますが、現在の段階では高知ではCSIIを使用している患者さんが少なく、患者さん同士でお互いの治療の工夫やCSIIの使い方、困ったことを話し合えるチャンスがなく、こういった幅広い知識や治療の選択肢を学習する場の大切さを毎回実感します。

糖尿病治療も日々進歩しています。医療従事者はもちろん患者さんにも様々な新しい選択肢を勉強していただく大切さを改めて実感した一日でした。
[PR]
# by 20121203inoue | 2013-04-21 08:35

第2回 しゆう会糖尿病健康ウォーキング

4月7日日曜日、院長が高知大学医学部附属病院糖尿病患者会・しゆう会の第2回糖尿病健康ウォーキングに参加しました。
前日の豪雨と強風に、心配していたのですが、当日はウォーキング日和でした。
e0317808_844742.png

大学近くには実は自然や遺跡がたくさんあるらしく、
目的地であった長畝古墳公園も、高知自動車道工事のために一部なくなってしまいましたが、4世紀~6世紀頃つくられた長畝の古墳群の姿を残そうと整備された公園です。
残念ながら今年は開花が早く、観ることはできなかったようですが、周囲は桜やツツジの名所のようです。



e0317808_8441962.jpg
ウォーキングの昼食は、大学の管理栄養部が作成した花見弁当590kcalです。
写真にはありませんが、高知では有名な徳谷トマト1個丸かじりのデザート付きで、ボリュームたっぷりです。


昼食後には管理栄養士さんのクイズや看護師さんの足のお話もあり、笑いの絶えないひとときでした。

ウォーキングでは、普段の診療とは違う患者さんや医療スタッフも一面も見えます。

毎年この時期にはウォーキングが開催されますので、皆さんも是非ご参加ください。
[PR]
# by 20121203inoue | 2013-04-08 17:51

南国いのうえクリニックのブログを始めました!

南国いのうえクリニックの事務長です。
気候の温暖な高知の中で、ここ南国市篠原は、昔から『まほろば』と言われていたようです。
女もすなる日記といふものを、男もしてみむとてするなり・・・といった具合でしょうか?
ここ(KNSブログ)では、クリニックやスタッフの近況、高知での出来事などを
ゆっくりと記載していく予定です。
K(高知)N(南国)S(篠原)のことも知りたいと思っています。
クリニックスタッフともども、みなさんよろしくお願いいたします。
[PR]
# by 20121203inoue | 2013-04-03 16:10