KNS日記

knsinoue.exblog.jp ブログトップ

第7回AWA DM.comに参加しました。

今回は院長のブログ記載です。

4月20日(土曜日)徳島市のふれあい健康館で開催された第7回AWA DM.comに参加しました。

徳島の1型糖尿病の患者さんとご家族の方を中心にした、勉強とネットワーク作りのこの会は、徳島大学の松久 宗英先生、黒田 暁生先生のご尽力によって2011年の4月から始まりました。会は毎回盛況で、今回は、90名以上が参加されたとのことです。

クリニックが終わってからの参加であったため、『夢を追い続けて~インスリンと共に35年』と題した南昌江内科クリニックの南 昌江先生のご講演を、本当に残念ながら拝聴することができませんでした。

講演の後には患者さんの体験談やグループごとのおしゃべりタイムもあり、患者さんも、ご家族も、医療関係者も、普段の診療ではなかなかできない相談をしたり、話し合ったりすることができ、それぞれに様々な気づきがあります。

今回は会誌も作成され配布されています。
e0317808_103408.png
同誌には、今までの会の内容や、黒田先生のラーメンを食べるときの秘訣も記載されています。

仲間ができることはもちろん有意義ですし、治療の面でも他の方の体験はとても参考になります。
1型糖尿病の方は、1日何回かインスリンを打つ方とインスリンポンプ(CSII)も使用する方がいらっしゃいます。
当院でもCSIIを使用する方と、使用していない方がいらっしゃいますが、現在の段階では高知ではCSIIを使用している患者さんが少なく、患者さん同士でお互いの治療の工夫やCSIIの使い方、困ったことを話し合えるチャンスがなく、こういった幅広い知識や治療の選択肢を学習する場の大切さを毎回実感します。

糖尿病治療も日々進歩しています。医療従事者はもちろん患者さんにも様々な新しい選択肢を勉強していただく大切さを改めて実感した一日でした。
[PR]
by 20121203inoue | 2013-04-21 08:35