KNS日記

knsinoue.exblog.jp ブログトップ

i-pro その後

あいかわらずの事務長です。
前回院長が更新してから、1か月も経ってしまいました。

当院に出入りされている薬のメーカーの担当者の方の、
「ブログチェックしてます…」のプレッシャーもさほどの効力はなく、『日々の雑務に追われて…』います。

  ・・・と、この言い訳も、とっくに院長には通じなくなってきていますが・・・
  (スタッフの誰かの、ブロガー能力が目覚める日の到来を心待ちにしています)

この1か月、陽が落ちるのがめっきり早くなってきました。

夕方になると、この薬のメーカーの担当者の方々が、
薬や勉強会の情報を持って、院長に面会に来られます。

夏場はまだいいのですが、この時期になると、診療が終わる17:30ころは、結構暗くて、
特に県外から来られている担当者の方をみると、これから松山なり、高松なりの事務所に
帰られるのかと、ちょっと心配になる時期です。

慣れた方は患者さんの車を見て、早めに入って来られますが、
たまに、律儀に17:30まで待っておられる方もおられます。

県外の方は、どうか要領よく面会を終えて、事故のないように帰られますように・・・


ところで以前に、[ i-pro (アイプロ) ] という医療機器の導入を、このブログでもご紹介しました。

導入の際、機器(貝殻程度の大きさ)を、実際に私の腹部に装着してみたわけですが、
先日、装着した状態で3日間、血糖値の測定をしてみました。e0317808_1421275.jpg

前回は一瞬装着してみただけでしたが、今回は装着したまま生活をして、
せっかくなので、1日4回(朝昼晩+寝る前)指先からの採血もし、
実際に血糖値を測定をしてみたわけです。

想像以上に「装着感が全くない!」機器で、普通に入浴もできるため、
あいかわらず、つい〈 ゴリッ 〉と、タオルでこすらないかだけ、
入浴の度に心配してしまいました。

体内には、針ではなく、糸状のセンサーが挿入されている状態ですから、
仮にこすってもけがをするわけではありませんので、
これから予定されている患者さんは、どうぞご安心下さい。

とはいえ、事務長が真っ先に、あやまって壊してしまったら、
次に予約をされている患者さんに使えなくなってしまいますので、
院長と看護師さんの〈眼ぢからプレッシャー〉を感じつつ、無事に3日間の実体験を終えました。

この後、機器が読み取ったデータをパソコンに取り込み、
数値の変化について院長の説明を受けて初めての体験を終了した次第です。


        さて、ブログの次回の更新がいつになるかは未定です。

        趣味で書いた超短編小説の掲載を、院長が許可してくれれば、すぐに更新しますが・・・
 

                                      事務長でした
[PR]
by 20121203inoue | 2013-11-08 15:30