KNS日記

knsinoue.exblog.jp ブログトップ

長谷川平蔵(鬼平)風に言えば・・・

何と、4月の更新がZEROでした。

「いくら何でも遅い、少ない!」 「一体、これでブログといえるのか!」 
という、多くの方々(主には院長)からのご批判をいただく前に、何とか週が終わらない内には・・・
と、がんばって書くことにしました。

  ・・・ということで、昨日も今日も事務長です。


更新休暇中のこの1ヶ月半余、世間では数々の事件やら事故やらが起きてしまいました。

その一方、のんびり、ゆったりが身上の KNS日記 向きのネタは、そうそう転がっている様子もなく、
都合よくご近所で祭りが開催されるわけもなく、「愛犬の尻尾が、何と縦に振れています」などと
いうことももちろんなく、仕方なしに、院内の検査用のトイレの壁に貼ってある、
【今日は何の日?カレンダー】に頼ることにしました。

今更ながら、さかのぼって4月の欄を見ると、(薬のメーカーさんが持ってきてくれるカレンダーですので
もちろん医学や健康などに関わる記念日も多いのですが、)『喫茶店の日…13日』やら、
『発明の日…18日』やら、(何だ、4月のネタにも困らなかったじゃないか)と思える日が多数あり、
(肝心の5月16日は?)と見ると、芭蕉が奥の細道に旅立った日にちなんで、『旅の日』らしいです。

季節もいいし、(きっと旅行業界ではこんな日に引っ掛けて、旅行プランを企画するんだろうなぁ)
と、いつものように勝手に決めつけつつ、先日フェリーで九州方面へ行ったことでも書こうかとも思いつつ、
10数年前にラジオで聞いた、その芭蕉の「残暑しばし 手毎にれうれ 瓜茄子」という句を思い出しました。

  『旅の日』なのに、旅の話じゃないのか…??

 
  *一応改めてネットで調べてみると、陽暦5月16日に旅立った芭蕉が、途中7月に詠んだ句のようで、
   「秋涼し 手毎にむけや 瓜茄子」に推敲(スイコウ:言葉を練り直す)されている(?)ようですが・・・


この句がラジオで引き合いに出されたのは、芭蕉やら風流やらには何の関係も無く、れうれ(料れ)という部分。

「名詞も動詞もごちゃごちゃで、若者の言葉が乱れている けしからん」といったような意見に対して、
「300年も前に、[料理する]を[料る]と表現した句がすでにあったくらいで、言葉というものは
 柔軟に変化していくものだ」 というような話だったような、そうでなかったような・・・

  ・・・相変わらずの、あいまいな記憶で、責任は一切持ちません


というわけで(?)・・・

芭蕉の話から、言葉の変化の話を、フと思い出したのですが、
世の中が変化していっても、医療と患者さんへの姿勢だけは変わらないよう、
スタッフ共々、気を引き締めて日々の仕事に取り組まなければ・・・
と、開業1年半を振り返りながら思った、この5月の一日でした。

e0317808_10354664.jpg



 写真は、柳井(山口)から、三津浜(愛媛)に帰る
 フェリーから撮った、船の軌跡です。




 
  変わらない…といえば、事務長のブログ更新のスピードも、そうそう変わらないと思います。

  長谷川平蔵(鬼平)風に言えば、

   『饅頭の餡が辛くなるはずはねえやな…』といったところでしょうか。

                          事務長でした


    
   (再び)・・・『旅の日』なのに、結局 旅の話じゃないのか けしからん
[PR]
by 20121203inoue | 2014-05-16 09:32