KNS日記

knsinoue.exblog.jp ブログトップ

台風一過の青空の下、故事に謂う・・・

暑い!

とはいえ、冬よりもましだと思っている、事務長です。


心配していた台風が通り過ぎて、途端に汗が噴き出してきてしまいました。e0317808_1558164.jpg


せっかく七夕という大イベントがあったにもかかわらず、
KNS日記では更新の気配が無く、
台風という、あまり有難くない話題でパソコンに向かっています。



熊本の実家では、雨漏り対策のために、定番の青いビニールシートを引っ張り出していたらしいのですが、
幸い大した被害もなく、何枚ものブルーシートが、しっかりと邪魔者扱いされているようです。


 ・・・結局活躍の場は無かったけれど、『 狡兎死して走狗煮らる(こうとししてそうくにらる)』状態?
                          (そんな大層なものじゃないか・・・)


我が家では…というと、台風が来る前の数日間、愛犬モナの運動不足を解消すべく、
早朝(5~6時過ぎの間くらい)の散歩(たかだか15分くらいのものですが…)に出かけていたのですが、
梅雨と台風で、3日ほどサボってしまったため、あっという間に 出不精犬 に逆戻りしてしまいました。

   昨夕、天候が思いのほか早く回復したため、まったりとしていたところを、
   突然、ミニ散歩させられた記憶が、くっきりはっきり生々しかったせいか、
   今日は、(もういいんじゃない? ワン!)という態度がありありの様子で、
   お決まりでまず室内で抵抗し、玄関(内)で抵抗し、玄関(外)で抵抗し、
   何と今日は散歩中、首輪がスルリとスッぽ 抜けてしまう始末です。

まさか首輪が抜けるほどふんばらなくても・・・『ええ? そんなに嫌かえ?』

まあ、誰にでも嫌なことはあるだろう、では済まされない、彼女は the『犬』なのです。
50過ぎた飼い主よりも走るのが遅いとは・・・何ということでしょう♪♪


ちなみに彼女たち(カニンヘン)ダックスフンドは、まさにずるがしこいウサギ(狡兎)を捕まえるための
足の速い狩猟犬(走狗)だったはず。


何はともあれ、愛犬と称しているくらいですから、彼女の健康のため、
明日も早朝散歩に引っ張り出すつもり満々の、鬼の飼い主でした。
[PR]
by 20121203inoue | 2014-07-11 16:07