KNS日記

knsinoue.exblog.jp ブログトップ

日本糖尿病学会中国四国地方会第53回総会


10月30日、31日に米子コンベンションセンターで開催された日本糖尿病学会中国四国地方会に参加しました。
平日の学会は参加は、なかなか難しく、機会が少ないのですが、30日(金)のみ休診させて頂いての参加でした。e0317808_882928.jpg

高知より随分気温は低いようですが、秋の大山の美しい紅葉はまだのようです。e0317808_885280.jpg

朝から糖尿病の経口薬のセッションや、疫学のセッションに参加しました。
今年は昨年発売されたSGLT2阻害薬に関する演題もあり、経験の積み重ねの必要性を感じます。

昼にはランチョンセミナーに参加。
ランチョンのお弁当が、糖尿病学会にしては珍しく炭水化物が非常に多い牛丼弁当でびっくり。e0317808_89123.jpg
学会に参加すると、ほぼ座りっぱなしで運動量も少ないため、しっかり半分以上残させていただきました。

また、午後の最後は妊娠のセッションで座長を務めさせていただきました。
聴講しているだけでなくやはり参加させていただくことにより、なによりも刺激にもなりますし、
若手の先生方が頑張っていらっしゃることが実感できます。
まだまだこれから勉強して、更に今後やるべきことが鮮明になった思いです。

翌日の診療のため、夜の教育講演には参加できずに会場を後にしましたが、
土曜日も興味深い演題や芝居仕立ての糖尿病劇場、県民公開講座とプログラムは充実していました。

来年は高知大学の藤本教授が会長として第54回を主催し、11月11日、12日と高知で開催されます。
その際には県民公開講座も行われますので、糖尿病に興味のある方は、是非聴講されてはいかがでしょうか。

[PR]
by 20121203inoue | 2015-10-31 11:13